FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

プロフェッショナル 仕事の流儀 ~伝説へのプロローグ~ Season1

①情報をいかに活用するか


6月2日(日)

-AM8:00 出発-

初夏の青空が広がる日曜日の朝、

ばかなべは急ぎ足で埼玉のある場所へ向っていた。

2013年、日本はアベノミクスにより円高を是正して景気を刺激し

本格的なデフレ対策に乗り出す中、株価も敏感に反応するなど激動の年となっている。

当然にばかなべも日頃からインターネット等を通じて様々な情報をキャッチするようにしていた。


-6月2日からさかのぼること1週間前


ばかなべは出社前、毎朝のルーティンでマーケット状況、社会・経済ニュースなどを確認していた。

日経平均株価、円安ドル高、TPP問題の動向、ドイツ経済・サッカーで一人勝ち、矢口真里不倫、矢口真里離婚、矢口真里合コン、矢口真里ヒルナンデス降板、江頭2:50公然わいせつ、鉄地蔵ブサイク・・・

様々なニュースが飛び交うなか、ばかなべはある情報にたどり着いた。

「こ・・これは・・・。」

それは、ばかなべの今後に重要な影響を及ぼす可能性があるものだった。

「ま、まさか・・、こんなことが・・・」

ばかなべは少し悩んだ末、急遽出張先から戻り向かうことにした。

埼玉のある場所へ。



テーマソング/progress kokua



・・・

ばかなべはこれから起きようとしていることに少し緊張しつつも、胸の高鳴りを抑えることができなかった。

「これは、もしかしたら・・・、やりようによっては大変なことになるかもしれない・・・」

情報というのは、新鮮なうちにいかにキャッチし、どう活用するかが重要だ。

それが有益で魅力的な情報であれば、活用しようとする競争も当然に存在してくることになる。

ばかなべは今回の情報を決して早い段階で知ったとは言えない。

ビッグビジネスにつながる可能性もあることから、競争相手はすでに多数いるだろう。

また、出張先から戻ったばかりのばかなべにとって、未踏の地埼玉という場所も不利に働く。

しかし、ばかなべはそんな不利な状況は不問としていた。

それよりも、「情報をいかに活用するのか」に焦点をあて、ある計画を練っていた。


-AM9:00 到着-


車を降りたばかなべは現場へ向っていた。

しかし、地の利がないためその現場がどこなのかまったくわからない。

「いったいどこへいけばいいんだ・・・」

GPSなどを駆使しても適切な情報を得られず、なかなかたどり着けない。

少しずつ焦りがばかなべを襲う。

それから歩き回ること5分、100メートル先にそれらしき場所を発見した。

「あ・・・あそこか・・・?」

ばかなべは、急ぎ足で現場へ向った。

「こ・・・ここが今日の戦場なんだな・・・」

そこにはインターネットで得た情報通りの光景が広がっていた。

競合相手と思われる相手はざっと100人以上。

1人1人のポテンシャルも相当に高そうだ。

この業界においてはド素人のばかなべは、明らかに場違いな雰囲気も敏感に感じ取っていた。

競合相手と思われる人々からは、まるで新参者のばかなべを嘲笑っているようにも見える。

(この中であの計画を実現できるのか・・・。)

ばかなべの中に不安がよぎった。

今まで、ばかなべは仕事上で様々な経験をしていた。

7度に渡る部署異動、

いくつかのプロジェクト参加、

500人規模に対する講演・・・

特に近年は昨年と同じことをしていたということがほとんどなくなっており、常に新しい仕事と向き合うことが多くなった。

これらのキャリアにより、新しいことへの対応力・度胸だけは人並み以上あると自負していたばかなべ。


だが、


今回は勝手が違った。

今までの経歴とはあまりにもかけ離れた領域

ばかなべは明らかに緊張していた。

いや、ばかなべは自信がなかったのだ。

この状況であの計画を実行することを。

しかし、考えている時間はない。

そう、ばかなべには早急に対応しなければならないことがあったのだ。


②整理券配布


競合相手たちは恐らく早い段階で並んでいたのだろう。

100以上からなる列が足早に歩き、その行列はどんどん先まで延びている。

ばかなべは急いで列の最後尾を探した。

「最後列はこちらでーす」

埼玉から東京の専門学校に通っていそうな茶髪の男性が「最後尾」というプラカードを持って周囲に呼びかけていた。

ばかなべはその茶髪の男性のもとへ走った。

そしてようやく最後尾に着くことができた。

ようやくたどり着いた最後尾。

思えば移動距離はいかほどになるだろうか。

でも、これはスタートラインに過ぎない。

一息ついたばかなべは前に並んでいる状況を見て驚いた。

100人どころか恐らく200人以上と思われる。

「200か・・・」

そして、ばかなべの後ろにも続々と人はやってくる。

まさにレッドオーシャン。

「いったい、今日はどうなるんだ・・・」

新参者のばかなべは絶望に近い感覚を覚え、ますます計画実行は困難だと思った。

でも、ばかなべはあきらめない。

あきらめるのは簡単

でも、

可能な限り、

希望がある限りあきらめない。

そんなばかなべは今まで様々な奇跡と遭遇してきた。

そして、この後

ばかなべはまたもや奇跡を起こすことになる。

それが、


④ばかなべ

ばかなべ(30代)という男だ

ばかなべは行列に並んだ。

ニューヨーカー同様に人気飲食店にさえ並ぼうとしないばかなべにとって

日曜朝9時に埼玉で行列に並ぶというのはありえない光景。

まもなくすると係員らしき人物が一枚のペーパーをばかなべに渡した。

どうやらこれが正式なエントリーシートになるようだ。

2つ設けられたコースからどちらかを選ぶというものだ。

「ここまできたのなら、こちらを選ぶしかない。」

ばかなべは迷わず困難な選択をした。

並ぶこと15分、思ったよりも早くレセプションに到達した。

(まずは第一段階、ここをクリアできれば戦場に立つことができる・・・)

レセプションでは受付係がテキパキと処理をしてくれた。

そして、最後に一番聞きたかった言葉が出る。


「1部にしますか?2部にしますか?」


1部か2部か、聞かれるということはどちらかに参加できるということ。

これは第一関門をクリアしたことを意味する。

「1部でお願いします。」

そう告げると受付係がばかなべに1枚のチケットを手渡した。

(よし!ようやくここまで・・・)

本当は飛び上がって喜びたいところだった。

ただ、こんなことぐらいで喜んでしまっては競合には勝てない。

これはゴールではなくスタートなのだ。

喜びの気持ちを押し殺し、冷静さを保ちながらばかなべはソファに掛けた。

(さぁ、ここからが勝負だ)

チケットを目にしてさらにばかなべの緊張感は高まった。

それは久しぶりに感じる緊張。

しかし、それは当然のことだった。

なにしろ

ばかなべにとっては

いまから迎えることすべてが人生初の試みだったのだ


































レイクタウンイベント

アイドルイベントに参加するということが






































③剛力の流儀


ばかなべは剛力彩芽がハンパなく好きだった。

本気で現時点で世界一素敵な女性だと思っている。

そして

アイドルというよりも役者での活躍が目立つ彼女を実物で見る機会はほとんどない。

彼女に会うためには

無理やり仕事を絡めるしかないと思っていた。

そんな中、剛力彩芽がCDデビューをするにあたってイベントを開催することをばかなべは知った。

土曜朝の情報番組でキャッチしたのだ。

普段見ないテレビだが、剛力彩芽が出ていたのでチャンネルを変えずに見たらイベント案内。

しかも埼玉。

え?

剛力彩芽がイベント?

いつ行くの?


今でしょ


ばかなべ史上初のアイドルイベント参加。

いや、正しくは2回目。

ばかなべが子供のころ、庄司くんという友達がいた。

庄司くんはばかなべと同様キモチワルイ部類の人間で、一切女子にモテることのないやつだが、彼は南野曜子のファンだった。

ある日、南野陽子が京都太秦映画村でイベントに来ることとなり、庄司くんはばかなべに“ほぼ土下座”で一緒に行ってくれと懇願した。

南野陽子どころかアイドルにまったく興味がなかったばかなべだったが、庄司くんの願いとあっては仕方がない。

ばかなべは渋々同行した。

テレビでしか見たことがない南野曜子を目の前に見て不思議な気持ちになるばかなべ。

ただ、真横で「ナンノ~!」と半泣きで叫ぶ庄司くんはあまりにもキモすぎてドン引きしてしまい、それ以来アイドル界とは距離を保っていたのだ。(ついでに庄司くんとも微妙に距離をとることになる)

あれから数十年。

芸能人への興味がまったくなかったばかなべが、初めて自らイベント参加を表明。

しかも13時からのイベントなのに優先観覧券を得るためだけに、朝9時に越谷で並ぶというありえない選択

こんなことをするために出張先から前日に戻って向かった。

もちろんあらゆる困難な調整をしての訪問だ。

相応の投資も必要とした。

しかし、そんな困難な状況でも調整も投資も惜しまない。

なぜそこまでするのか?

そこには重大なふたつの理由があった。


~ばかなべはなぜ剛力彩芽のイベント(日曜朝9時~越谷)に参加したのか~


ひとつめの理由として、「剛力彩芽が本当に好き」だからである。

もはや恋レベルであり、体感では当時の庄司くんを超えていると思われる。



しかし、



それが主たる理由ではない。

それよりももっと重要な理由がある。

ふたつめの重要な理由、

それは



499記事目だから



おわかりだろうか。

このうんこブログブサクエ

この記事が499投稿目となる。

499の次、それは言わずもがな500である。


500


ゴヒャク


ゴー


ゴー力彩芽


もはや説明は不要だ。

この500記事という壮大な節目、

そんなときに剛力彩芽のイベントが運命的タイミングで開催。


ブサクエ生誕500回


これ以上にこの節目を祝うイベントは考えられなかった。

そして、ばかなべはただ単に剛力彩芽のイベントに参加するわけではない。

この日

本当に奇跡を起こすことになる。



つづく。



↑押さないでくださいね(*´д`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑本当に押さないでくださいね(゚Д゚≡゚Д゚)
トップページに戻る

関連記事

テーマ : ☆モテモテ☆になろう!
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

剛力彩芽いいですね^^500投稿目が楽しみで夜も眠れませんw

ばかなべ師匠ご無沙汰しておりますm(__)mあまりにも面白すぎたんでコメント書きましたwww続編期待しておりますwww

Re: No title

小山さん

剛力彩芽を認めていただきありがとうございます(^^)くだらない内容ですいません。。。

Re: タイトルなし

馬ッ鹿ムさん

ども!ばかなべです。コメントどうも(^^)
ていうか、もはやナンパでも合コンでもないただの日記。。。さーせん(笑)

大寅 結人です。

初めまして。大寅 結人です。
ブログ読ませて頂きましたのでコメントを残させていただきます。

Re: 大寅 結人です。

大寅 結人さん

なんかわかりませんがありがとうございます(笑)

今後とも、よろしくオナニーいたします。