FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

ナンパ(ダイエー) いとしさとせつなさの初ナンパ

今でこそ普通にナンパするようになったけど、いったいいつごろからナンパをするようになったんだろう・・・。

ふと最近そんなことを思い出すことがあります。

本格的には高校2年の夏以降だろうか・・・

いや、夏の海でブレイクした大学のころだろうか・・・

よくよく考えてみました。

今回のお話は、僕が記憶している限りではじめてナンパしたであろうときのお話です。


・・・

小学校4年生のころ、友達につじくんというやつがいました。

僕はクラス替えで知り合ったつじくんと意気投合し、仲良くなりました。

野球、サッカー、ファミコンという大きな共通点があったのもありましたが、

ぼくたちの一番大きな共通点・・・

それは・・・





二人ともドチビ





前へ習えのとき

みんなが手を前に出しているのに

僕はいつも腰に手をあててました。

mae.jpg

それが癖になったのか、当時の僕は小便をするときも珍子手放しで両手を腰にあててしまうようになりました。

「お前どんだけ偉そうに小便すんねん」

誰かにつっこまれたのをきっかけに、しばらくの間「小便ヤクザ」というレッテルを貼られた僕は悩んでいました。

そんな僕にはじめて背の高さで2番目になったきっかけを与えてくれたのがつじくん。

彼のおかげで、僕は小便のときに両手を腰にあてる癖が治り、「小便やくざ」を卒業することができたのです。


・・・


そんなある日の放課後、近くのダイエーのゲーセンに僕とつじくんがいたとき、そこに山下亜樹という子が友達とやってきました。

山下亜樹は同じ学校の同学年で、学年1かわいいと噂される有名な子です。

背が高く、少し色黒で、目の下のほくろに色気がある美人。

かわいいやらきれいやらで、ポテンシャルは中学2年ぐらいありました。

僕とつじくんよりも、少なくとも10㎝以上背が高い彼女は、はっきりいって僕らと生きる世界が違う子です。

「おい、山下やぞ、山下!」
「え・・お、おおう」

つじくんは明らかに照れてました。

僕はなぜ、つじくんが照れるのか知っていました。

そう、つじくんは山下亜樹のことを好きだったのです。

それが判明したのは数日前の放課後のことでした。


・・・


-ある放課後

つじくんを含める僕ら仲良し5人組は学校で「こっくりさん」をやってました。

「こっくりさん、こっくりさん、つじくんは山下亜樹が好きですか?」

と質問したら、「は」「い」と暗示が出ました。

言うまでもなく、10円玉を思いっきり動かしてたのはつじくんです。

「え!?マジで!?俺、山下なんかぜんぜん好きちゃうで!」

しらこい。

ほんまにしらこい。

口とんがらして、恥ずかしそうにしながら何言うとんねん。

うれしそうにするつじくんはまさにブサイクでした。

ちなみ、こっくりさんに

「山下亜樹はつじくんのこと好きですか?」

と質問したら、10円玉1ミリも動きません。

つじくんは子供ながらも、山下亜樹と自分との身分の違いを明確に理解していたのでしょう。

だから「はい」と答えるわけにはいかない。

けども、うんこの周りを飛ぶハエレベルのプライドが邪魔をして「いいえ」とも出来ない。

10円玉が動かないのはそんな心の葛藤のあらわれです。

すると、しばらくして10円玉は動き出し

「た」「ぶ」「ん」

と暗示が出ました。

天下のこっくりさんが「たぶん」なんて回答するわけなく、じゃっかん僕も10円を誘導したのは言うまでのないのですが、小学4年のこっくりさんに対する信頼感は抜群です。

こうして、山下亜樹は「たぶん」つじくんのことが好きということになり、僕らの中で勝手につじくんと山下は「好き好き同士」という扱いになってたのです。


・・・


そんなこっくりさんのお告げから数日後に、偶然にも山下亜樹と僕らはダイエーで遭遇しました。

ばか「これ、こっくりさんのお告げやんけ。お前らアッツアツやんけ!」
つじ「なんやねん、アッツアツちゃうって。山下なんか好きちゃうし。」
ばか「お前嘘つくなや!」
つじ「ほんまやって」
ばか「だってお前ら好き好きどうしやんけ!」
つじ「・・・」

何、まんざらでもないみたいな顔しとんねん。

で、こっくりさんの言うことは絶対に守らなアカンということで僕とつじくんは山下のもとへ向ったのです。


・・・戦闘開始・・・

モンスターがあらわれた!

・山下亜樹 レベル25 小4(中2レベル)
・今泉あや レベル12 小4

モンスターはダイエーでアイスを食べている!

つじくんはとまどっている!

ばかなべは「山下やんけ、お前ら何してんねん。」の呪文をとなえた!

山下は「見たらわかるやん。あやちゃんと遊んでんねん。」とクールにこたえた!

ばかなべは「お前、つじのこと好きらしいやん」の呪文をとなえた!

山下は「つじって誰?」とクールにこたえた!

無関係の今泉あやはムシャムシャとアイスを食べている!


・・・終了・・・


やってしまいました。

まさかの「つじって誰?」

僕は山下と仲良しだったわけじゃないし、同じクラスになったこともないものの、家が近かったので顔見知りではありました。

一方、つじくんは山下と1・2年のときに同じクラスだったらしいのですが

まさかの「つじって誰?」

ふとつじくんを見ると、彼の顔がみるみる土色にかわっていくのがわかりました。

好き、嫌いではなく「存在が無」という事実を知ったつじくんは、恐らく喜怒哀楽のどの感情なのかわからなくなっていたのでしょう。


・・・


しかし、これをきっかけに山下とは少し話すようになり、放課後に近くの公園で野球とか天大中小やってたら山下も入ってくるようになりました。

そんなある日のこと。

その日、山下、今泉と僕、つじくんで遊んでたら急に

「ばかなべごめん、俺帰るわ」

とつじくんが言いだしました。

さっきまで楽しそうだったのに、急に深刻な顔をしてつじくんは帰ると言い出したのです。

「どないしてん?」
「あ・・、ちょっと今日は親おらんし留守番せなアカンねん・・」

今までそんなこと言ったことないし、つじくんのオカンは専業主婦(小太り)。

カギっ子じゃないつじくんがこんなこと言うなんて、何かあったのか?

なんてこと子供が思うわけもなく

「マジで!じゃ、お前ん家で遊ぼうや!」

となるわけです。

親がいない家はパラダイス。

おかし買ってつじくんの家に行こうと盛り上がり始め、山下も

「え!行く行く!つじの家いこうや!」

と言い出します。

もうね、子供のころから僕はどんだけいいパスだすんでしょうか。

好きな女子が家に来るなんて、とんでもないハプニングバーですよ。

座ったらパンツ見えるかもしれませんよ。

で・す・が

つじくんはうれしそうにするどころか

「いや、今日は俺帰るわ・・・」

と言いだしました。

つじくんの表情は深刻さを増すばかり。

こりゃアカンわと思ってたら、山下が

「なんで私ら行ったらアカンのよ。ばかなべは行ったことあるんやろ?」
「うん、あるで。こいつの家、ゲームだらけやで」
「マジで!ええやん、行こうや!」

山下はこのときすでに小悪魔的要素をもっていました。

つじくんも山下にここまで言われたら断れるわけもなく、僕たちはつじくんの家に向いました。

しかし、家が近づくにつれてつじくんの足取りは重く、顔は深刻さを増していきます。

「どないしてん、つじ。いきなり元気ないやんけ」
「お・・・おぉ、大丈夫・・」

明らかに様子がおかしい。

駄菓子屋に寄って、ポテチやキャベツ太郎を買ってるときもつじくんは外で一人待ってました。

いつもなら一緒に駄菓子屋に入るのに。

けど、子供の僕はつじくんのことは気にせず山下・今泉としゃべりながらつじくんについていきました。


・・・


つじくんの家はマンションの7階。

エレベーターに乗って7階のボタンを押したとき、つじくんが油汗をたらしてました。

「つじ、大丈夫か?気持ちワルイん?」
「ぉぉぉ、おお、大丈夫やで」

油汗かきながら、不自然な笑顔を出すつじくん。



そして、事件は起きました



エレベーターが7階に止まり、廊下に出てつじくんの家に向うとき・・・



「キャ!!」



今泉が悲鳴をあげました。



「え?何?」



僕と山下が今泉にきくと



「つ・・つじが・・・」



「へ?」




























つじくん、脱糞していました

























半ズボンの横から、垂れ流れる下痢うんこ。

一度肛門から流れ出た下痢うんこは、もう戻ることはありません。

人の脱糞を目の前にした僕たちは茫然と立ちつくしました。

極限の絶望に立たされたつじくんは、笑みを浮かべながら泣いていました。

今泉が「つじがうんこもらしてるーー!」と騒ぎだすと

つじくんは泣きながら、

ソロリソロリと

これ以上下痢うんこが垂れないように

ソロリソロリと

亀のように家に戻っていきました。

そして、小学生にとって脱糞はすなわち「死」を意味します。

その後、深く傷ついたつじくんが放課後の公園にあらわれることはなくなりました。

こうして、糞とともにつじくんの恋は儚く散ったのでした。


P.S.
つじくんはその後

小学校5年の林間学校、6年の修学旅行、中学1年の宿泊研修で


3年連続おねしょ


という記録を残しています。


P.S.2
今泉あやはいわずもがなブサイクだったのですが、この頃からなぜか僕は今泉を担当していたような気がします。

これがブサクエのはじまりでしょうか?

いいえ

生まれたときからです。



↑押さないでくださいね(*´д`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑本当に押さないでくださいね(゚Д゚≡゚Д゚)
トップページに戻る
関連記事

テーマ : 出会い・合コン
ジャンル : 恋愛

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【ナンパ(ダイエー) いとしさとせつなさの初ナンパ】

今でこそ普通にナンパするようになったけど、いったいいつごろからナンパをするようになったんだろう・・・。ふと最近そんなことを思い出すことがあります。本格的には高校2年の夏以降だろうか・・・いや、夏の海でブレイクした大学のころだろうか・・・よくよく考えてみ...

まとめteみた.【ナンパ(ダイエー) いとしさとせつなさの初ナンパ】

今でこそ普通にナンパするようになったけど、いったいいつごろからナンパをするようになったんだろう・・・。ふと最近そんなことを思い出すことがあります。本格的には高校2年の夏以降だろうか・・・いや、夏の海でブレイクした大学のころだろうか・・・よくよく考えてみ...

まとめteみた.【ナンパ(ダイエー) いとしさとせつなさの初ナンパ】

今でこそ普通にナンパするようになったけど、いったいいつごろからナンパをするようになったんだろう・・・。ふと最近そんなことを思い出すことがあります。本格的には高校2年の夏以降だろうか・・・いや、夏の海でブレイクした大学のころだろうか・・・よくよく考えてみ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

本当にオチの付け方が上手いですねww


途中から読めたのに笑ってしまいましたw

陰ながらいつも楽しませていただいてます。
初コメさせていただきます。

文章のクオリティが高すぎて、逆にこまります笑

今後とも楽しませていただきますので、よろしくオナニーします。

No title

最近、ブサクエさんの影響で
ブサイクさんのAVを借りて見ています。

だんだん自分の指向性が
判らなくなってきましたwww

もしかしたら自分も
生まれながらにして、B専なのかも
しれません(失礼ですね)。

小便やくざ。子供のつける
あだ名は秀逸ですねwww

やからさんへ

誉めていただきありがとうございます(笑)

で、これももちろん実話ですので、オチをつけたのは辻くんの功績です(笑)

クソソンさんへ

まじですか!

そんなクオリティ高いんすかね。。。うれしいかぎりです。

今後もただのきまぐれ日記ですが、どうぞご愛顧いただきますよう、よろしくオナニーいたします。

すけ兵衛さんへ

ようやく、本来のブサイク好きに目覚められたらんですね。おめでとうございます。一安心です。

やっぱり女は味がある子に限りますよね!!