FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

ナンパ(有楽町) The things on the other side of the wall

男には、ときに越えなければならない壁に直面することがある。

仕事にしても、私生活にしても

越えるべき壁が目の前に立ちはだかることがあるのです。

その壁を乗り越えるか

その壁を乗り越えず楽な道のりを選ぶか

それは、自分自身が選択することです。

しかし

壁を乗り越えるという困難な道を自らが選び

その壁を超えた向こう側には

きっと何かが存在する

僕たちはそれを信じて

困難に立ち向かい

前を向いて歩み続けるのでしょう


・・・

19:30:17

ばかなべは、ST、笑福亭とともに有楽町の地に降り立っていました。

STは専門分野で活躍するビジネスマン。

笑福亭は技術研究員として活躍するビジネスマン。

ばかなべはただのビジネスマン。

3人とも仕事では多忙を極める毎日。

そんな3人が集まった理由、それはもちろん



パーナン



パーナンパーナンパーナン~♪

とおくで呼んでる声がする~♪

きてよパーナンわたしのところへ~♪

きてよパーナンわたしのところへ~♪

心つながる合言葉~♪

パーナンパーナンパーナン~♪

きたよ僕パーナン パーナン~♪






このくだり、いらないですね。


・・・


てくてく歩いていると、ややエロそうな水玉ワンピ&お姉系の2人組を発見。

僕のエロサーチャーによれば、水玉子は間違いなくエロいと思われ、パーナンしようと思いましたがST&笑福亭から「もうちょい探そう」と半ばダメだしをくらいました。

確かに、後姿で顔もわからんし、やや体型がといったところでしょう。

僕は了承し、あらためててくてく歩くことにしました。

すると、まもなく3人組を発見。


・・・第1戦・・・

モンスターがあらわれた!

・メガネ子 レベル18 30代
・覚えてない レベル20 20代
・憶えてない レベル20 20代

ばかなべは「ども!はじめまして~、なになに3人で何してんすか~?ちなみに僕らはさっきまで打ち合わせしてたんですけど、仕事も終わったところで一杯飲もうかどうか迷ってまして。ま、別に今から僕らとのみにいきませんか?とかそういうこといいたいんじゃなくて、今日とは言いませんから今度ぼくらと飲み会的な、いや飲み会とか言ったらあれですね、まぁ晩餐会っていうんですか?セレブ感ありますもんね。あ、ちなみに僕ねフリーターとかじゃないですよ、ちゃんと仕事してますから。一応ね。ま、見た目はセブンイレブンで『から揚げあっためてますか?』とか言いそうとか言われますけど、僕コンビニでバイトすらやったことないすからね。で、まぁ何がいいたいかと言ったらとりあえず赤外線に興味ございませんか?」の呪文を唱えた!

簡単にひっかかった!


・・・終了・・・


構図的には、僕がメガネ子と話してる間

STと笑福亭は残りの二人と話してたわけで。

だから他の子は僕まったく覚えてないんですけどね。

とりあえず連れ出せそうな雰囲気マンキンでしたが

僕らの今日の目的は


いきなり連れ出し


ではなくて


いつか連れ出し


にございました。

ええ、秋にかけてのコンパ仕入ですよ。

だから、今は連れ出しいらないのです。

よって赤外線後に放流です。


・・・


てくてく歩いてると、めっさかわいい子発見!!

あちゃちゃーーー

一人ガチで僕のタイプですわ。。

これはもうパーナンしかない!!


・・・第2戦・・・


モンスターがあらわ・・・!!







いや、ちょっと待ちましょう。


なんかね

「モンスター」

という表現。

これ、よう考えたらよくないですね。

まぁ、ドラクエ風にまとめたナンパブログですから

女子のこといままで「モンスター」とか表現してますけどね

なんでもかんでも

「モンスターがあらわれた!」

とか書くのは惰性ですよ。

確かにね

1戦目のメガネ子たちにはいいですよ

この表現で別に。

けどね

この子らに関してはね

「モンスター」は言い過ぎやと思うんですよ。

てかね

そもそもね

モンスターって





聞こえが悪い





女子に対してモンスターてどういうことですか?

直訳したら「怪物」ですよ。

「怪物」ってウィキペディアによれば

1.不気味な様相の正体のわからない超常的な存在のこと。
2.技術や資質や性格や力量が人並み外れている人物。
3.レディー・ガガのファンの呼称。

なんですか、この解説。

ほんまに怪物やないですか。

例えばですよ

モンスターと聞いて


「あ、レディーガガのファンのことだ」


と読み取る人いますか?

そんな意味のわからん前向きな人いませんよ。

やっぱモンスターは一般的には悪口ですよ。

てかね

女子に対してそんな悪口ばっかり書いてるから

このブログは一部の壊れた女子にしか評価されないんですよ。

いや、男女比率はわかりませんよ。

けど、体感ですけどね

1,000人のユニークユーザーがあったとしたら

たぶんね



995:5



ぐらいの割合でほぼ男子読者ですよ。

こりゃ間違いないですよ。

てかね

なんなんですか、このモサいブログは。

まったく女子臭がないじゃないですか。

男ばっかりのモサモサブログじゃないですか。

数あるナンパブログの中には、女子からガンガンコメント入ってるブログもあるわけですよ。

ブサクエのコメント欄見てください。

男ばっかりじゃないですか。

どんだけ女子人気ないんですか?

よく考えてくださいよ。

たぶんね

ブサイク女子に一番やさしいナンパブログはブサクエやと思うんですよ。

だってだれしもがかわいい子をターゲットにする世の中で

こんだけブサイクな子に厚待遇を実現してるコンパ集団って僕らぐらいでしょ?

タイトルに至っては「ブサイククエスト」ですよ?

にもかかわらず!

この女子人気のなさはなんなんですか!

いや確かにね、たまーに女子コメントありますよ。

けどね、特にバカウケがそうなんですけど。

みんな頭クラッシュしてる人ばっかですよ。

いやーこりゃまずいすね。

やっぱりね

これからの時代はね


女子にもウケるブログ


じゃないとアカンのですよ。

だからね、僕もね

女子対策しようと思いまして

女子に受け入れられるブログ目指そうと思いましてね

今後、女子を「モンスター」と表現するのはやめようと思うんです。

やっぱりね、女子に敬意を表してね

やっていかなアカン思いましてね

でね、僕は考えましたよ

何がいいのかと

考えて考えて

そしていくつか案が浮かびましたよ

たとえば


モンチュターがあらわれた!


まぁ、モンスターとはっきり言わず

ちょっと赤ちゃん言葉にしてみたんですね。

だってね

どんなにブサイクな赤ちゃんであっても

絶対にみんな「かわいい」って言うでしょ?

だから「かわいい」という奥底の想いを込めてのね

モンチュターなわけです。

けど

なんかあまりしっくりこないですね。



もんちゅたーがあらわれた!



はいはいはい。

なるほど。

なんか、平仮名にするとちょっとかわいくなりますね。

ただ、これは安易ですね。

なんか



かわいい表現使って女子人気取りにいってる感



これいやですねー。

ちょっと僕はないですわ。

なんかこう、必死感があるじゃないですか。

お前はそこまでして人気ブログになりたいのかと。

僕ね、必死感はいやなんですよ。

常に余裕かましてたいんですよ。

あとね、このブログ

いうてもただのコンパ&ナンパブログですからね。

「かわいい」とかいらないでしょ。

かわいいはちょっと違うと思うんですよねー。

読者ニーズを読み取れば


ブサイクな男でもなんとかなる


みたいなね

ブスチビのばかなべが

身をもって

苦渋の経験をしながらも

諦めずに頑張り続け

性交にたどりつく感動のナンパ・合コン物語・・・

言ってみればブサクエは

ブサイクな男に勇気と希望を与える

そしてブサイクな女子を心から楽しませる

ハートウォーミングブログ

言ってみれば


総合ブス支援ブログ


やと思うんですよ。

だから、やっぱそういうテーマに合わせなアカンと思うんです。

ブス男でもモテるためには・・・

まぁなんちゅうんすかね

おもろいだけじゃなくて・・・

もっと大人な感じというか・・・

イタリア人というか・・・

ダンディーというか・・・



あ!!



ダンディ?



あれ、これひょっとしていけんじゃないすか?

ダンディーはいいでしょ。

女子結構好きでしょうよ。

じゃ、今後のブサクエは




ダンディズム感あふれるブサクエ



はいはいはいはい。

これマジでいけるかもしれません。

なんか意味わからんけどおもろい&ダンディズムでモテてる人いますもんね。

竹中直人とか、高田純次とか。

なんかかっこええみたいになってますもんね。

なるほど。

ダンディズムね。

はい、方向性見えました。

僕もええ年こいたおっさんですし

かわいい系ブログでいくんじゃなくてね

ダンディー系ブログにすることで

女子読者の人気も獲得。

今後のブサクエのテーマは




ダンディー化




完璧なロードマップが完成ですよ。

ただ、

僕は

とんでもないことに気付いてしましました

え~

実は

ブログオーナーの僕って





ダンディズム感皆無





コミカルとは言われてもダンディとは言われたことないことでおなじみです。

けど、これは困った。

ダンディズム感、俺まったくないわーー。

うーーーむ

けど、僕は自分の写真とかさらけ出すわけじゃないですからね

ダンディズムを気取ることはできるかもしれません。

まぁ、リアルに拘ってきたブログなだけに

僕がダンディキャラを偽装するのはいささか後ろめたい気もしますけど。

将来の「ブサクエゲーム化」byエニックスを目指すためには

このブログをもうちょいメジャーにする必要もありますからね。

申し訳ないんですけど、ダンディ感でいこうと思います。

さて、とは言ってもダンディじゃないから

ダンディな人の気持ちってわかりません。

まぁねこういう場合は人に習えばいいんです。

自分がダンディじゃないなら

周囲のダンディーな人を手本にして

その人の気持ちになって「あのダンディならこういうときなんと言うだろう」的発想でいけばね

おのずとダンディな内容になるわけです。

ということで、僕の周囲のダンディを手本にしようと思います。

たとえば、うちのメンバーで言えば・・・



ST・・・
彼はベビーフェイスのハンサムですけど、本当に性交のことしか考えてないただのエロバカだから、残念ながらダンディズムがない

コスギ・・・
見た目はダンディに一番近いかもしれんけど、いうても僕と張るただのブサイクですし、しかもアホな関西人なだけなんで実際はダンディズムがない

テリー・・・
一般的男前で45歳ぐらいになったら見た目はダンディになる可能性あるかもしれんけど、実際はノリだけで生きてるバカだからダンディズムがない

リム・・・
彼はとびきり頭もよくて表現力も豊かだし、見た目もダンディーになる可能性が今後あるけど、とんでもないただの変態だからダンディズムがない

ジョニー・・・
ただのナンパバカだからダンディズムなんかあるわけない

笑福亭・・・
名前からして論外








なんやねんうちのメンバー(゚Д゚)








そろいもそろってなんなんですか。

いっこもダンディズム感ないじゃないですか。

むしろアホばっかりやないですか。

いやね、僕も考えましたよ。

その他のメンバーのことも。

けどね

UZもON先輩も僕の先輩やけど2人とも僕より発想が子供ですからね。

うまくいかないときのすねっぷりはまさに子供。

まったくダンディズム感ございませんわ。

KKにしても、ぽんくんにしても、RもT也もカーミンもB岡もK村もK池もM本も・・・

いやね、確かにみんな楽しいやつらですよ。

けどね、残念ながら全員ただのバカです。

ああ・・・

このブログ

確かに一部のアホな読者には支持されてるかもしれんけど

まったく女子に人気がない。

それはダンディズムが足りないからなんだけど

それって僕が悪いんじゃなくて

僕の周りにいる人たちのせいなんちゃうかと思えてきましたよ。

僕のダンディーを彼らが足引っ張ってるんじゃないかとね。

そもそも

僕がこんなアカン大人になったのも

周囲の影響を受けてのことですから

僕が悪いんじゃなくって

全部彼らのせいちゃうか・・・

ああ・・・

もう僕はダンディにはなれないのか・・・

とうなだれてたら・・・



一人忘れてました。



唯一、わがブサクエ軍団に存在するダンディズム担当。

いやーーー失礼!

忘れてました。

あのダンディを。

そう、彼の名前は





ダンディーAK035





ゲッツ!

いやー忘れてました。

よう考えたら、彼だけはめっさダンディですわ。

彼とは100回以上コンパしてるけど、100回とも女子から

・やさしい
・気がきく
・心が広い
・安心感がある
・手先が色っぽい
・大人っぽい

という評価を受けてます。

てか、これほぼ褒め言葉じゃないですか。

もうダンディと言って問題ないでしょ。

はっきり言って僕と真逆のモテ男君ですからね。

ブサイク男性読者からしたらね

腹立つかもしれませんけど。

残念ながらガチでモテます。(実際、僕は何度も彼がモテる姿を見て心が砕け散っています。人間やめようかと思ったことも5回あります)

けどね、それは彼が男前だからという理由だけじゃないんです。

彼がモテる要素は顔面だけじゃなく


ダンディズム


というポイントがあるわけです。

そういえば

AK035は僕に

「30歳以上の女子はハニーと呼ぶんや」

と教えてくれました。

女子に対してハニーですよ、ハニー。

そんな言い方ね、日本人やったら加藤雅也ぐらいしかいいませんよ。

けど、彼はそれを僕に教えてくれました。

ただ僕は思ったわけです。

ほんだら

30歳未満の女子はハニーちゃうんかと。

なんて呼んだらいいんやと。

そしたら彼は呆れた顔して僕に教えてくれました。



「アホやな30歳以上の女子はハニーやけど、30歳未満の女子はベイビーに決まってるやんけ」



ベ・ベイビー!?(;゚Д゚)

ベビーじゃなくて、ベイビーなわけですね・・・。

わかりました、ダンディー先生!

今後、このブログでは女子のことをモンスターとはいわずベイビーと表現します!

あ、けど20代と30代が混ざった場合は「ハニー&ベイビーがあらわれた!」と表現すればいいんすかね?

けど長ったらしいですね。

じゃ略しますか。



ハビーがあらわれた!

ハニービーがあらわれた!

ハイビ―があらわれた!

バイビーがあらわれた!

バイビーでさよならした!

バイバイキーン!


うーむ、まだまだ詰めなきゃならないところがありますね・・・。

ややこしいので、いったんモンスターでいくことにしますね。

ということで・・・



モンスターがあらわれた!

・ユミン レベル26 25歳 キャバ
・しらん レベル22 25歳 忘れた

ばかなべはユミンに総攻撃!

今度飲み会しようで放流した!


・・・終了・・・


ユミンはですね、加護ちゃんと安部なつみを足して安部なつみ寄りに割ったかわいこちゃんです。

ガチで僕の好みでした。

よって、ユミンとしかしゃべってません。

だからもひとりの子のことは知りませんが、STたちも赤外線したらしい。

ユミンはかわいい系で学生みたいな子でしたが意外にも25歳のキャバ嬢らしい。

僕はキャバにはいかないので「客にはなれないよ」と言ったけど。

結構ノリノリで、逆オファーもくれたりしていい感じ。

予定が合わなかったから断ったけど今後が楽しみな案件となりました。


・・・


さらにてくてく歩くも、次のターゲットがなかなか見つからない。

ちょっと疲れたなぁと思ったら最初に見た水玉子をSTが発見!

「とりあえず行きますか」を合言葉に戦闘開始


・・・第3戦・・・

モンスターがあらわれた!

・水玉子 レベル19 20代
・お姉子 レベル19 30代?

ばかなべは「実は1時間前に君をみかけたんだよね。あそこ歩いてたでしょ?このワンピースかわいいですね。似合ってますよ」とつまらないナンパをした!

簡単に赤外線だった!


・・・終了・・・


最初はグループネタやってましたけど、途中から水玉子としかしゃべらず。

後姿はけっこうエロオーラ出てたけど、しゃべってみたらわりと健康的女子でした。

今度飲み会しようということで放流です。


・・・


ここまで調子は悪くない。

けども、そろそろ本日の連れ出しを考えてもいい時間。

なんて思ってたら、STがどっかに消えました。

残された僕と笑福亭は目の前にいた女子2人組をパーナンすることに。


・・・第4戦・・・

モンスターがあらわれた!

・長髪子 レベル22 ?歳
・短髪子 レベル21 ?歳

ばかなべは適当なナンパをした!

女子二人はややお酒を飲んでるようすだ!

適当トーーークがほとばしる!

しかし!

彼女たちは19歳と判明した(;゚Д゚)


・・・終了・・・


まぁね、未成年なんですがお酒飲んでる様子でして。

序盤ナンパは良い感じでしたけどね。

コンプライアンスを掲げている僕としては未成年飲酒はNGですので。

お酒を飲んでる風の時点でとばっちりは御免ですから。

笑福亭さんはノリノリでしゃべってましたが、ナンパシャットダウンしました。


・・・


ふらふらどっかに消えていたSTはどうやらソロナンパしてたらしく、熱く赤外線して戻ってきたらしい。

さて、あたりを見渡しても女子があまり歩いていない・・・。

うーむ

21時のエアポケットに入ったかもしれん・・。

一旦飲みいってる時間=エアポケットは一時的に人どおりが少なくなっちゃうんすよねー。

で、見るからに固そうな女子が3人座ってましたので、とりあえず声をかけることにしました。


・・・第5戦・・・


モンスターがあらわれた!

・ELT子  レベル23 25歳 介護士
・チビ真面目 レベル17 25歳 介護士
・バンギャ子 レベル18 25歳 介護士

ばかなべはナンパの呪文を唱えた!

ELT子は56のダメージ!

チビ真面目は苦笑いした!

バンギャ子は無視している!

笑福亭が落語ネタを放り込んだ!

ELT子は56のダメージ!

チビ真面目は苦笑いした!

バンギャ子はあっちを向いている!


・・・終了・・・


えとですね、明らかにミスです。

ELT子は愛想がよくてかわいいんですけど、チビ真面目子がクソ真面目な上にね、バンギャ子なんか完全に無視決め込んでました。

こういう子たちをナンパすること自体間違ってます。

わかってはいるけど、とりあえず声をかけた手前戦闘し続けました。

しかし、3対3で戦うこと10分。

ELT子が笑うものの、他の二人は完全にキン肉ガードでどうしようもない状況。

「コンパしようか」と打診しても女子同士が見合って首をかしげるばかり。

「連絡先おしえてよ」と打診してもやっぱり首をかしげるばかり。

はっきり言って、ナンパされるような子たちじゃないだろうし、ナンパについてくるような子たちでもない。(ELT以外は)

言いかえれば、ナンパすべき子たちではない。

僕たちは皆、それを悟っていました。

けど、僕たちはナンパをやめませんでした。

思ったのです。



「この子たちを連れ出せたら俺たちはすごいのでは?」



はっきり言って無謀かつ無駄と言われても仕方のないナンパです。

こんな食いつき悪いナンパは失敗ナンパです。

ましてや3人ともカッタカタ女子です。

どう考えてもナンパすべきではない子たちです。

しかし・・・

男には、ときに越えなければならない壁に直面することがある。

仕事にしても、私生活にしても、ナンパにしても

越えるべき壁が立ちはだかることがあるのです。

その壁を乗り越えるか

その壁を乗り越えず楽な道のりを選ぶか

それは、自分自身が選択することです。

そして、僕たちはナンパし続けることを選択しました

壁を乗り越えるという困難な道を自らが選んだのです

笑福亭はすべり倒しました

僕とSTは他人のフリをしました

コンパ打診しても断られました

赤外線打診しても断られました

けども僕たちはナンパし続けたのです

粘りました

粘りたおしました

バンギャ子が多少怒ってたかもしれませんが

気付かないふりして粘り倒しました

そして

粘って粘って粘った末に





居酒屋(゚∀゚)




ええ、連れ出しましたよ。

約30分にわたる攻防の末、居酒屋へ連れ出しましたよ。

なんかね、絶対無理やと思いましたけどね

僕も意地になってきましてね

あの手この手使ってね

連れ出しましたよ。

ついでに、バンギャ子は酒飲めないとか言ってたくせに酒飲ませましたよ。

ま、1杯だけですけどね。

で、きっちり赤外線放流です。


・・・


今回の立ちはだかった壁は高く分厚い壁でした。

とにかくカッタカタ。

とにかくノリが悪い。

けども、僕たちはその壁を乗り越えるためにナンパしました。

そして乗り越えることができました。

居酒屋で談笑して赤外線して終わりだけど。

僕は彼女たちを連れ出したことに満足していました。

この高い壁を超えた結果

壁の向こう側には

この満足感があったのだと思いました。

そんな僕を見てSTは声をかけようとしてくれました。

たぶん

「苦戦したけど、がんばったね」
「お疲れ様でした」
「俺たちもこれで一人前だね」

のような労いの言葉をかけるつもりでしょう。

まあ、そうでしょうね

なんせ無理無理無理ナンパでしたから。

それを僕らは連れ出したわけですから。

男同士で勝ち取った勝利を喜び合うように

そして、STは僕と笑福亭に向かって話しだしました



「このオナニーナンパ必要あります?」



(;゚Д゚)(;゚Д゚)←僕&笑福亭



「いや、確かに彼女たちを連れ出したのはすごいんですが、無理目な子をなんとか連れ出したいという意味のわからない、ただのオナニーですよね?」



(;゚Д゚)(;゚Д゚)←僕&笑福亭



・・・


男には越えなければならない壁がある。

そして壁を乗り越えたとき

人は成長する。

そして

僕らの場合

壁を乗り越えはしましたが

壁の向こう側にあったのは

ただのオナニーナンパでした。

当然に人として成長するわけ








一切ございません








P.S.1
オナニーナンパをもう少し解説。

彼女らは序盤ノリが悪かったのはやっぱりナンパ慣れしてないだけだったらしいです。ELT子曰く、「みんな緊張してたんです」との情報。これはナンパマンにとっては重要な情報じゃないでしょうか。

バンギャ子に至ってはナンパする僕らを毛嫌いしてんじゃないかと思いましたが、実際はそうじゃなくてどう接していいのかわからず、照れてふてくされた態度になってた模様です。

それが証拠に、「飲みいこう」とソロ打診したら「時間があえばぜひ」と返信がきました。女子友達の前ではカッタカタでしたが、ソロ引き受けるんかいとつっこみそうになりました。

これは、最初の態度だけではナンパが成立するかどうかはわからないというポイントと、モテない子は自己表現が下手くそ(照れ等から誤解を招く態度をとってしまう)というふたつのポイントで参考になりました。


P.S.2
AK035は30代以上の女性のことを「ハニー」と呼びますが

歯茎が出ている

または

歯が出ている

もしくは

歯に特徴がある

女子たちのことを




歯ニー




と呼んでます。(実話)

なんだかんだで、一番女子に失礼なのはAK035なんじゃないかという見方が有力になりつつあります。




↑押さないでくださいね(*´д`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑本当に押さないでくださいね(゚Д゚≡゚Д゚)
トップページに戻る
関連記事

テーマ : ナンパ
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おういぇ~♪

オナピー最高っす!

自分も楽しい鳥に有りつきたいっす。

お疲れさまです!

オナナンこそ男の生きざまですね!

どんな部酢ちゃんでもカタカタさんほど燃えて、結果を残したあとな達成感は、射っ精と同じ感覚に襲われます(笑)

読み返したら日本語おかしかったですね(笑)

結果を残したあとは、射っ精に似た感覚に襲われます。

んなコメントはどうでもいいか(笑)

No title

私も壁を越えてこそ成長していくものだと思います!^^

ばかなべさんが初めてコンパホームラン打った時の話読みたいです。

こういう要望多いでしょーけど、オナニーしやす!

No title

オナニーナンパってありますよね!
まったくタイプではないのになぜか「この子を連れ出したい」という欲求に駆られる時があります。
そんな時連れ出し出来たら最高に気持ちいいです!

まあ、ぼくの場合はだいたい失敗に終わりますが・・・

Re: おういぇ~♪

selectさんへ

そうですね、ぜひ新しい鳥をゲットしてください(笑)

Re: タイトルなし

修行僧さんへ

いやね、やっぱナンパもオナニーなんですよ。どんだけ困難なナンパして赤外線を勝ち取るか・・・。
そこにナンパのロマンがあるわけですね。
とSTに言ったところで僕の話一ミリも聞いてませんでしたけど。。

Re: No title

佐藤さんへ

そうですね、お互い精進していきましょう!

Re: タイトルなし

名無しさんへ

僕の初コンパホームランですか・・。

まず記憶をたどるところからはじめますね(笑)思い出せばいつか(笑)

Re: No title

三河屋さんへ

わかっていただけますよね。
たとえそれが後々無駄だとしても、なんか意地になってくるんですよねー。

まぁ、今回のナンパは完全に無駄でしたが・・・

No title

自分は、ばかなべさんのブログのスタンスは大好きです。自分はユニーク数を意識して、即ばかりのブログにしたら、コメント0のブログになりました(笑)しかも、読者が離れ今では寂しいブログです。
ばかなべさんも気をつけてください(笑)
ちはみに有楽町の丸井前で目立って声掛けしてたら、間違い無く自分です。

Re: No title

レイヤーさんへ

僕もレイヤーさんのスタンス好きですよ!色はぜんぜん違うけどレイヤーさんのブログは他の方とは違う何かを感じます。

あと、おそらくですね・・・僕は何度かレイヤーさんを見たことがあると思います。

あの人そうちゃうかなーーーと思いつつ、別ナンパしてました(笑)

こういうお互いの距離感ってありますよねー(笑)

女子

女子人気をとるのは難しいかと思いますが、読んでいる普通の女子は意外に多いかもしれません。コメントしていないだけで。あと、女子はモンスターでいいと思います。いろんな意味でモンスターですから。

Re: 女子

きのこさんへ

女子はいろんな意味でモンスター・・・

きのこさんいったい何があったんですか(笑)

No title

このナンパの記事もすごく参考になりました。
http://love-master-morita.com/nanpa/nanpa-firstboice/trackback/

Re: No title

よしぞーさんへ

それはどうもありがとうございます(笑)