FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

誰がために鐘は鳴る ~てか、誰がためにドラを抱く~

-誰がために鐘は鳴る、ていうか、誰がためにドラを抱く-


ブサクエ短編小説
『誰がためにドラを抱く』
byバーカナベ・ヘミングウェイ

東京に住む優秀なビジネスマン ロバート・コスギ(日本人)は、幼少時代に関西に住んでいたこともあり、関西人のお笑いに対するマインド、下品なしゃべり方、自分を落としてでも笑いをとる笑いへの貪欲さを誇りに思い、また、こよなくダウンタウンを愛していた。

テレビをつければお笑い番組、伝説の番組「4時ですよ~だ」も放映されていた関西で育ったコスギのお笑いセンスはすくすくと育ち、やがて高いお笑い意識を持つようになった。

上京した現在では、東京なのにまったく関西弁を修正することもなく、関西人の地のままに、仕事、遊び、勉強等、充実した日々を送っていた。

そして2010年頃、コスギはあることをきっかけに「ブサイククエスト」(以下、ブサクエ)の存在を知った。

ブサクエとは、普通の合コンをして無難にモテようとする考え方(フツズム)に反対する「反フツズム」を掲げた性治活動家であるばかなべの活動記録である。


・・・

「フツズム」とは、コンパを普通にやりすごし、最終目標を赤外線に掲げた無難主義的コンパ活動であり、極めてしょうもないコンパである。また、その考えをもとにコンパする性治活動家のことを「フツスト」と呼ぶ。

その思想の根底にあるのは、マニュアル本、雑誌、ネットから得た「ホットドッグプレス的技術」であり、その姿勢はメディア任せという見方もある。

フツストは無難なコンパしかしないため、終始くだらない話題を繰り返し、赤外線をゴールに見据えているため、性治活動家といいながら、ほとんど性を治めることもないと言われている。

そして、コンプラコンプラと叫ばれるこの時代に、コンプラを過剰に意識しすぎたフツストが蔓延した東京は、ラブホがないエリアで普通コンパが連発するという異常事態に陥っている。

「このままでは男がくだらなくなる」
「このままではコンパがくだらなくなる」
「このままでは日本がくだらなくなる」

この危機的状況を敏感に感じ取ったばかなべ(30代)は「反フツズム」を掲げ、「自己紹介なんかいらない」「MCははっきりすべきだ」「悪口はいったん受けいれるべきだ」「会話に内容なんかいらない」など、独自の考えを提唱し続けた。

そのばかなべが、更なる「反フツズム」の発展を目指し、インターネットサイトにおいてブサクエ義勇兵募集を行った。

現代社会におけるしょうもないコンパに危機を感じていたコスギは、ブサクエ義勇兵募集の記事を目にし、即座に応募。ブサクエオーナーばかなべ氏との対談にこぎつけ、見事ドラフト1位指名を勝ち取った。

義勇兵に参加したコスギは、関西特有のノリと押しを用いてコンパを遂行。その後「赤ギャル討伐作戦」に参加する等、一定の評価をえるまでになっていた。

そして2011年7月

コンパ実績のあるコスギに、ある指令が下った。

それは、「読者からの無茶ブリに適切に対応しながらドラ子を攻略する」という極めて危険な作戦だった。

ドラ子とは、5月のブサクエ会議時にコスギがナンパしたドラえもんそっくりの恐らく女性であり、一部にはドラ子デラックスというあだ名がささやかれたほどの大物である。色んな意味で大物である。

反フツズム精神が宿ったコスギは、我々の目の前でドラ子をナンパするという極めてレベルの高いミッションを難なくこなした。この行動は後に2階級特進の措置がなされ、その日「デ部」の部門長に任命された。

これだけでも十分だったが、コスギは「いつしか何かの役に立つのでは」と頼んでもいないのにドラ子にメールメンテを秘密裏に行っていた。

数日後、コスギはばかなべに対して「ドラえもん攻略プラン」(のちに未来日記)を提案。はっきり言って誰も得しないこの仰天プランにばかなべは賛同。悪ノリで企画を読者へ広く募集し、未来日記企画は固まった。この企画では、結局11のミッションが定まった。

この作戦はただの悪ふざけの領域を超え、ドラ子には楽しいひとときを、読者にも楽しいひとときを、そして我々ブサクエメンバーには楽しい伝説を同時に作る唯一の方法となった。

コスギにとって、自らの精神・肉体を破壊する可能性もある危険な任務だったが、コスギはこの作戦を遂行することを誓った。すべては笑いのために。

そして、この作戦は数々の障害や困難を乗り越え、アイーンをしながらドラ子とラブホイン(この出来事は後に『ラブホ・ア・イーン』と呼ばれている)し、83.3%という極めて高いミッション達成率とともに、ドラ子を征服した。(生理2日目にもかかわらず)

そして次の日、ばかなべとリムがたまたま立ち寄った立ち飲み屋にドラ子は現れた。命の危険があったため彼女に気づかれないよう、注意深く観察したが、彼女は終始笑顔で唐揚げを食べながらぐびぐびとビールを飲み干していた。

生理中の女性とは思えないほどの飲みっぷりと笑顔は、恐らく昨日のコスギとの夢時間が彼女の中に「ハピネス」を生み出したからに違いない。

こうして、あくなきドラ子との戦い、「あんなこといいな、できたらいいな」作戦は英雄コスギの活躍により見事win-win-winの状態でブサクエ軍の完全勝利となった。



そして



我々の夏は終わった。



誰しもがそう思っていた。



あの日までは。


・・・


-2011年8月

未来日記を終えた1週間後、ばかなべはさわやかな日曜の朝を迎えていた。

セミの鳴き声が夏を感じさせる。

ばかなべは、音楽を聴きながら小説「誰がために鐘は鳴る」を読みふけっていた。

ふざけコンパで疲れた心と体を休めるのが目的だ。

ハーブティーを飲みながら、ばかなべは読書を楽しんだ。

やがて眠気が訪れ、うとうとしていたそのとき、一通の電子メールを着信し、ばかなべは携帯に目をやった。

「日曜日にいったい誰だ?」

それは、コスギからのメールだった。


・・・


なべさん

どうもコスギです。先日の合同コントについてご報告致します。

19:30:00
東京某所にて集合、今夜の相手はジョニー(幹事)・STコンビでナンパした船案件との事。

ご対面。

- おかっぱ子(幹事) lv.24 福祉系 24歳
- ドラ子2号 lv.10 福祉系 24歳
- 第3の女(遅刻中) lv.??? 24歳

出た!ドラ子2号!

何ですかその迫力は。推定体重80㌔です。メガネです。若干24歳でこの迫力。まさにドラ子2号です。

もう一人は遅刻中(大遅刻するらしい)で男3女2でコントスタート。

序盤は無難トーークで無難に盛り上がる。女子達もなかなかノリは良い。

それにしても何ですかドラ子2号の下品なノリは。

言葉で表現が難しいですが、笑い方、しゃべり方、仕草、全てが下品です。

ドラ子2号・・・、大和撫子の対極といったところ。

21:00:00
健全な盛り上がりに飽きて来たのでそろそろ場をエロくしていきたいところ。

ここでコスギが捨て身の作戦で空気を変えにいきます。

自ら変態アピールをして、隣の席のおかっぱ子のグラスの口つけたところをいやらしく見つめ、イジリー岡田さながらのグラス舐め。

続いておかっぱ子の食べかけのピザを強奪して、同じくイジリー岡田食べ。

おかっぱ子はドン引きでしたが、イジリー作戦が功を奏して場はややエロく盛り上がってきました。

この辺りでそろそろ女子達の意思を確認したいところ。

ややこしいのはいやなのでストレートに男性陣の中で第一印象は誰がいいか聞いてみた。

結果、、、おかっぱ→ST、ドラ子2号→ST。

おまえら遠慮なしか。

この時点でコスギは本日引退を決意した。・・・・・はずでした。

22:30:00
男性陣は特にドラフト指名は無い模様、コントは無難に解散になる流れとなりました。

居酒屋を出て、一同駅の方向へと向かいます。

が、ドラ子2号が何やら酔ってます。フラフラです。

しかも気付けばコスギの手を握り始めました。

そして「ヤバイー、酔ったー、眠いー、ヤバイー。」

出ました出川です。

しかもドラ子2号、フラフラなので一団からどんどん離れていってしまいます。

ついにははぐれてしまいました。

ドラ子2号はさっきからずっと出川なので、仕方無くコスギはデ部長としての責任感のみから、粗く打診。

コス「もう一杯飲んでくか?」
ドラ「酔ったー、もう飲めないー、ヤバイー、眠いー。」
コス「眠いなら寝てくか?」
ドラ「ヤバイヨー、眠いよー。」(コスギ、受入だと判断。)

極粗ですが交渉成立です。

最寄の豚舎(ラブホ)に放り込みました。


・・・


<ドラ子2号攻略報告>

・ターゲット
ドラ子2号(lv.10、24歳福祉系)

・記録
3ラン(今季7号、船案件オカッパ子ンパ即)

・報告事項
- とにかく臭かった。
- 予想通りのイビキ。
- 万汁すごすぎ。(汗かもしれない。)
- STへの未練あからさますぎ。


・詳細報告
推定80㌔、ワキガ、満州のトリプルコンボでした。末恐ろしい24歳です。苦闘の末攻略出来ました。私の再三のシャワー行け命令も「面倒くさい」の一言で無視、朝まで口呼吸のみで乗り切ったのが一番辛かったです。

また、あろうことか、私に抱かれた直後、隣に寝ながらもST氏に発情メールを送信、ST氏から既にアポ要請を受領していた女幹事オカッパ子とST氏の取り合いを始める始末。

私は即ったつもりでいましたが、ただ発情期のブタのバイブとしてご利用頂いただけの模様です。(翌朝、コスギバイブをご愛顧頂いた事に感謝しつつ、電話帳消去したことは言うまでもありません)

・追記事項
巨乳が好きだからという理由でデ部長を安請け合いした事を激しく後悔しております。


以上


・・・


ばかなべはコスギからのメールに目を通した後、静かに携帯を閉じた。

そして、思った。




なにしとんねん(´艸`)




頼んでもいないのに80キロの女性(体臭有)を抱いたコスギ。

時間と金を使って80キロの女性(体臭有)を抱いたコスギ。

目の前でSTに発情メールを送信する80キロの女性(体臭有)を抱いたコスギ。

そして、使い捨てバイブとなったコスギ・・・。

ふたたび、眠気に襲われたばかなべは、遠のく意識の中でつぶやいた。



「コスギ、君は誰がためにドラを抱き続けるのか・・・ただ、デ部長を君に任せてよかった・・・」


ブサクエCEOとしての任命責任を全うしたことに満足感をえながら、ばかなべは熟睡した・・・。







P.S.

「もうひとつの惨事」

おかっぱ子はとんでもない子だということは忘れてはいけません。結局、遅刻した女子はこなかったそうです。つまり女子はおかっぱ子とドラ子2号だけ。こんなんございます?ひどすぎるでしょ。レベルの高低差ありすぎで耳抜きもできませんよ。ジョニーからしたら完全に事故です。無駄金です。

また、今回のコスギの活躍を高く評価し、コスギ氏はNNPドコデモの取締役に選任されました。しかし、コスギはなんだかんだでドラ子みたいのが好きな可能性は否定できません。よって、今後もダイナマイトな方が出現した場合は、ブサクエメンバー全員でコスギを最優先させていただく所存です。

ドラ子一心

ドラ子というワードがにわかに流行りはじめる・・・わけないか。





↑押さないでくださいね(*´д`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑本当に押さないでくださいね(゚Д゚≡゚Д゚)
トップページに戻る
関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する