FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

調教師ばかなべの挑戦 ~B子の8年の壁~ Season2

-調教師ばかなべの挑戦 ~B子の8年の壁~ Season2-


PREVIOUSLY ON BQ(和訳:これまでのブサイククエスト)


・・・

B子の過去を知ったばかなべは、彼女を開放すべくラブホに誘ったがそれはまったくのお門違いだった。ただ、彼女から帰ってきた答えもお門違いだった。

そのお門違い同士が、まさかの再会を果たすとは誰も予想はしていなかった。
▼前回の記事はこちらから
▼ぶた番長に行ってきましたの記事はこちらから

・・・

THE FOLLOWING TAKES PLACE

BETWEEN 11:00AM AND 14:00PM


・・・

11:33:46

その日、東京は雨でした。

せっかくアポるなら楽しませてあげたいので天気がよければ吉祥寺にでも行ってボートでも乗せようかと思いましたが、残念ながら雨。

雨の日の僕はびびるほど行動力なくなります。

雨は本当に苦手でして、大学のときも雨の日はゼミでさえ休むこともありました。

雨の日ってまぁ映画やら美術館やらあるけど、やりたいこと思いつかないんですよね。家デートが一番ですよ、雨の日は。

で、何も思いつかなかったので前から行きたかった蕎麦やに行くことにしました。

どうでもいい話ですが僕は関西人のくせにうどんより蕎麦が好きでして。

僕も昔はうどん派でした。

上京したての頃は東京のうどんはまずいまずいってよく文句たれてました。

そもそも関西人は、蕎麦そのものを軽視しているように思います。

しかし、それは悪気があるのではなくて、文化・地域性の問題です。

関西ではうどんが発展し、関東ではそばが発展しています。

関西人はそばを食べにいく場合でも「そば屋に行く」とは言わず「うどん屋に行く」と言います。

関東人の方は逆に「そば屋に行く」とは言いますけど「うどん屋に行く」とは言いません。

それぐらい関東と関西ではそばとうどんの認識が違うのです。

関西ではうどん屋に行ったらおまけで蕎麦も置いてるぐらいなもんで、うどんが強力に市民権を得ているから蕎麦に力を入れているお店が少ない、つまり蕎麦がうまい店はほとんどないのです。

また、各種メディアが「関西の食べ物はおいしい」と祭り上げてるものだから、関西人は食べ物に関して天狗になってるはずです。(自分がおいしいものを作れるわけじゃないのに)

よって、天狗だった僕は蕎麦を完全に舐めてました。

なんなら「汚れたうどん」ぐらいに思っていました。

麺類はうどんが最強だと思っていました。

そんな僕がそばに目覚めたきっかけはぽんくんに連れていってもらった千葉の蕎麦や。ぽんくんの彼女は関東人でその彼女の紹介だったのですが、正直いやいや行きました。

そこはうどんがおいてないから仕方なくそばを注文。

ところが!

う・・・うまい(*´д`*)

蕎麦ってなんてうまいんだ・・・。

かみ締めればかみ締めるほど、歯ごたえ、ほのかな香り、蕎麦自体の味、そしてだしとおりなすハーモニー(*´д`*)

そんな僕は思うのです。

確かにうどんも上手い。更科のうどんはうまい。

で・す・が、どう考えても蕎麦のほうがうまいという結論に至りました。(どうでもええし、ただの好き嫌いですね)


・・・


前置き長くてすいません。

B子と合流して、食べログで人気がある蕎麦やさんへ。
▼その蕎麦やさんのことはこちらから(食べログ)

ここはなかなか人気店のようで、開店時刻を狙っていきましたけどものの数分で満席になりました。

帰るころには数組のお客さんが雨の中並んでました。

僕が頼んだのはあったかいてんぷらそば(確か1,500円)

僕は初めていく蕎麦やでは必ず天ぷらそばを頼みます。しかもあたたかいほうです。うどん文化で育った僕は真夏でもあたたかいそばを食べます。

スープがおいしいかどうか、これは僕にとって・・・

はい、蕎麦の話はどうでもいいですね。

めちゃ上手かったとだけ言っておきます。

さて、蕎麦やではお酒も頼まずB子と談笑していました。

B子は照れ屋で人見知りなのでコンパのときはほとんど話しませんでしたが、かなり打ち解けたのか普通に会話は弾みました。(ただ何の話したかは覚えてません)

B子もそばに満足だったらしく、二人ともご機嫌で店を出ました。


・・・


12:10:16


外に出るとやっぱり雨。

僕は雨と人ごみが苦手なのでラブホを提案したら「本気で言ってるんですか?」と言われました。

まぁですね、確かに僕の提案おかしいかもしれませんよ。

蕎麦食べて、店出てものの30分しかたってないのにラブホ交渉はおかしいかもしれませんよ。

で・す・が

僕はびびるほどほんまに雨が嫌いなんです。

僕は「うそか本気か言うたら、本気寄りです」と答えました。

でも僕は雨と人ごみが苦手なので再度ラブホ提案したら「間違ってませんか?」と言われました。

僕は「だいぶ間違ってるかもしれませんね」と答えました。

でも本当に僕は雨と人ごみが苦手なので再再度ラブホ提案したら「早くないですか?」と言われました。

僕は「高校のときは6秒台後半やったけど今はアカンな」と答えました。

いやでもマジで僕は雨と人ごみが苦手なので再再再度ラブホ提案したら「何もしないですよね?」と言われました。

僕は「アッコにおまかせが見たいだけです」と答えました。

彼女がアッコにどれだけ任そうと思ったかは知りませんが、B子は「わかりました」と言われました。

アッコさんの力は偉大です。


・・・


まず、約束通り僕は「アッコにおまかせ(TBS)」をつけました。

これで完全に約束は果たしました。

僕は「アッコさんの顔みたらほっとしたけど、ごめん、もう飽きてしまいました」と言いながらチューしたら受け入れでした。

けど、B子は口は閉じたまま。

明らかにキスに慣れてない感。

続いて脱がそうとすると「ちょ、ちょっと待ってもらえますか・・」と言われたので「OKOK。アッコにおまかせがいやなら言ってね」と返したら「いや、アッコにおまかせじゃないんですけど・・」と言ってました。

ここは、峰竜太ばりのやさしさが必要な場面と解釈し、じょじょーーーーーに脱がしつつ、キスしつつ、慎重にすすめました。


5分経過・・・

カーディガンを脱がしました。


10分経過・・・

服の上から乳もみながらチュー攻撃継続。


12分経過・・・

僕の右手が乳首に到達。


長い攻防により、ようやく乳首到達です。

さて、肝心の乳首攻撃に対するB子の反応ですが、一言でいうと









えええーーー(;゚Д゚)

僕、乳首めっちゃサービスしてますよ!

なめーの、コリコリしーの、ちまみーの(;゚Д゚)

体は完全に反応しています。(ピンコ立ちでした)

しかし、あえぐとかそういった類の反応は一切見られませんでした。

ほほう、これがHは気持ちよくないというやつですか。

ならば!

僕は彼女を上半身裸にし、ときおり抱きしめながらの全身リップサービスを施しました。

するとくすぐったいのか「う・」とか「あ・・」とか言ってました。

しかし、感じているという確証がなんとなく得られない。

ならば!

もはや、考える必要などない。

B子に対して、ばかなべは本気を出さざるを得ないのだ!

こういうときに頼れるのはあいつしかいない!

そいつの名は・・




スレッガー中尉




※スレッガー中尉とは
ばかなべの右手(ビックパイパー)に搭乗するパイロット。軟派な言動とは裏腹に砲術・戦闘機の操縦に長けており、特に人差し指と中指のコラボ技により100人以上を昇天させたと言われる。20代のころは暴走機関車と化し、数度にわたり手万のしすぎで腱鞘炎を引き起こす場面も見られた。現在は安定した操縦を心がけている。


<B子攻略作戦>

ブライト(以下、ブラ)「これより、B子攻略作戦を開始する!全員戦闘配置につけい!」

全員「アイアイサー!」

ブライト「今回の敵は非常に難敵だ。乳首をつついてもたいした反応は得られておらん。ミライ、これはどういうことなんだ!?」

ミライ「わからないわ!私だったらとっくの昔に感じているのに・・」

ブライト「誰かわかるものはいないの!?」

キッカ「私だってカツにさわられたら気持ちいーのにーだ!!」

ブライト「子供はだまっていろ!」

キッカ「えーんえーん!」

セイラ「ブライト落ち着いて!子供にあたっても仕方ないわ。私にはわかる。きっと、どう反応していいのかわからないのよ!だってB子はアダルトビデオさえ見たことないのよ!?(実話)」

ブライト「な・・何!?AVを見たことがないだと!?」

セイラ「ええ。学生のころから性に対して興味をもったことさえないって言ってたわ。(実話)」

ブライト「一番多感な時期に興味をもったことがないだって!?」

セイラ「詳細の調査はまだだけど、確かにB子はそう言ってたわ。エロ用語も理解していないのが現状よ。」

ブライト「く・・!!なんて強敵なんだ・・。」

スレッガー「ブライト艦長さんよぉ、乳首だけにこだわってるからいけないんじゃないの?B子にはまだデルタゾーンが残ってるぜ?」

セイラ「そうね、乳首で反応がえられない以上はアソコしかないと思うわ。」

ブライト「スレッガー中尉・・、頼んでもいいか?」

スレッガー「すでにビックパイパーは準備万端さ。」

セイラ「スレッガー、決して無理はしないで!B子は繊細なはず。以前の藤原(▼藤原登場記事はこちらから)とは機能も性格もまったく違うはずだわ!」

スレッガー「わかってるさ。それじゃぁ行くぜ!」


ビューーーーン


スレッガー「ひょー。肌が白くてなかなかいいボディじゃねぇか。」

ブライト「スレッガー!早速攻撃を開始してくれ!口は左乳首を舐めろ!左手は頭をなでなでだ!」

全員「了解!」

スレッガー「今から下腹部よりパンツの中に進入する!」

セイラ「そこはわりと強引でいいと思うわ!」

スレッガー「進入成功!うむ、パイパンではない!」

ミライ「そりゃそうよ!こんな子がパイパンにしてるわけないじゃない!スレッガーふざけないで!」

スレッガー「おー怖い怖い。まもなく豆に到達・・・な・・な!」

セイラ「どうしたの、スレッガー!?」

スレッガー「こ・・これは・・・」

ブライト「ま・・まさか、またアレか・・!?」

スレッガー「いや・・においに問題はねぇ。だが・・」

ブライト「だが!?」



















スレッガー「濡れてねぇ」


















(゚Д゚)(゚Д゚)(゚∀。)←ブライト・セイラ・ミライ



セイラ「やっぱり・・恐れていたことが起きたわ・・。」

ブライト「そうか・・、やはりか・・」

ミライ「濡れてないとなると濡らさなきゃならないんじゃないの!?そんな状態でつっこんだら痛いだけだわ!!」

スレッガー「い・いや、ちょっ・・ちょっと待ってくれ!」

ブライト「何があった!?」

スレッガー「こ・・これは・・」

ブライト「ま・・まさか・・今度こそ臭いか!?」

スレッガー「うぉーーー」

ブライト「どうした


















スレッガー「奥のほう割りと濡れてる」


















(゚Д゚)(゚Д゚)(゚∀゚)←ブライト・セイラ・ミライ


ブライト「濡れとんかーーーーーい(゚∀゚)」

スレッガー「うん濡れとる」

ブライト「ほな、ほじくりよろしく」

スレッガー「うんほじくる」


ウィーーーーーーーン


スレッガー「人差し指注入!」


ジュボ!!


B子「あっ」

ブライト「スレッガー!B子が『あ』を発したようだ!」

スレッガー「了解!こっちは順調だぜ!人差し指、上方稼動!」

B子「う・・」

ブライト「スレッガー!次は『う』を発したようだ!上方・下方稼動を繰り返せ!」

スレッガー「了解!」


ジュボ!ジュボ!


B子「あ・・あ・・」


ブライト「おいおい!B子がじゃっかんノってきちゃってますよ!スレッガーさん!」

スレッガー「ま・・まじですか!?確かにだんだん濡れがええ感じになってきましたよ!ブライトさん!」

ブライト「そのままいってみましょ!」

スレッガー「了解!」


ジュボジュボ

ジュボジュボ

ジュジュジュボ



・・・


B子の濁音が静かに鳴り響く。

B子は「この状況が信じられません・・」と言いつつときおり「あ」とか「う」とか発していた。

しかし、まだ挿入はしていない。

果たして、B子は8年の壁を乗り越えることは出来るのであろうか・・・


アッコにおまかせはリアルタイムで放映中・・・


▼次回の記事はこちらから



↑押さないでくださいね(*´д`*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑本当に押さないでくださいね(゚Д゚≡゚Д゚)
トップページに戻る

関連記事

テーマ : ☆モテモテ☆になろう!
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

めっちゃ笑わせて頂きましたwww
ガン○ムは偉大です。

あはは、今回はスレッガーとそばの話でしたね(笑)
次回のお話がとても楽しみです♪

あはは、今回はスレッガーとそばの話でしたね(笑)

次回のお話がとても楽しみです♪

Re: タイトルなし

Rさんへ

ありがとうございます(笑)
そうですね、ミライ・ヤシマは偉大です(笑)

Re: タイトルなし

修行僧さんへ

僕の心の葛藤をホワイトベースチームに変えて表現させて頂きました。
そして次回は衝撃のクライマックスです。あ、衝撃なんかないですけど(笑)

珍子がにょきっ

先日はご指南して頂きありがとうございました。鷹先生のオルガスムスへの情熱をまだ理解しきってなかった様に思います。坊やだからですね。スレッガーさんの戦果報告期待してます(^0^)/

Re: タイトルなし

増田さんへ

コメントありがとう・・・ってなんすかこのコメント(笑)

Re: タイトルなし

火星人さんへ

いえいえ、ご指南なんてとんでもございません。思いのほか真面目に回答してしまいましたがいらなかったですか?(笑)スレッガー、てか僕に実力はなかった模様です。。