FC2ブログ

サルでもわかるFX

借金
1GBまで無料です
ブサクエコンテンツ
プロフィール

ばかなべ


【名前】ばかなべ
【身長】だれがちびやねん
【容姿】だれがブスやねん
【MS】だれがガンタンクやねん
【特技】
・ドラフト会議
・王様ゲーム
・うさぎちゃんゲーム
【好物】
1位 石原さとみ
2位 榮倉奈々
3位 笛木優子
テレ東:大橋未歩、秋元玲奈、松丸友紀
NHK:鈴木奈穂子
日テレ:岩本乃蒼、尾崎里紗
テレ朝:竹内由恵、堂真理子
フジ :石本沙織、新美有加
A女優:堤さやか、江田かおり、オムニバスに出る人

【ひとこと】
コンパのときに女の子にSかMか聞くんは、パン派かごはん派かぐらいのざっくばらんな会話やと思います。そんな考え方に同意して下さる方は、まず「はじめに」カテゴリの記事を読んでから楽しんでくださいm(_ _)m  

最後に、今年の祭は中止じゃ!酒や酒や酒返してこい!!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム

ナンパ心理学001 ナンパ(仕事)ができる人できない人 その1

-ナンパ心理学001 ナンパ(仕事)ができる人できない人 その1-


あなたはナンパをする側の人ですか?


それとも

ナンパをしない側の人ですか?

私は、チビで、ブサイクで、シャイボーイ(古)ですがナンパをする側の人間です。


・・・

ナンパをしたいかどうか、するかどうか、それはその人自身の意思決定です。

ナンパをやりたくなければやらなければ良いし、やりたければナンパをすれば良いと思います。

しかし・・


ナンパしたいのに出来ない


という男が多いのが現実です。

はっきり言います。

ナンパしたいけどナンパ出来ない人、どうか



そのままでいてください



なぜなら、競争相手は少なければ少ないほどいいからです。

私がおいしい思いをしているのは、ナンパしたいけど出来ない人が多いからにほかなりません。

もし日本社会が、ナンパしたいと思ってる男たちがイタリア人並に自然に声を掛けるような社会になったとしたら、非常に競争が厳しく、私の今までのやりかたも通用しなくなるでしょう。

ナンパは、誰もが出来ること(参入障壁が低い)であり、効果も抜群(普通に生きるよりもたくさんの女性と出会い性交できる)です。

しかし、参入は自由なのにほとんどの人が参入してこないのです。

理由は、出来るのに出来ないと思っているからです。

勝てる市場(ナンパ)があるのに、手を出さない企業(男)が多い状況では、すでに参入している企業(男)にとってはウハウハです。

一方で、30代を過ぎた今、これは仕事でも同じことが言えると思えるようになりました。

大きい問題や課題、あるいはチャンスは大きいがリスクをともなうケースが出たときに、自ら責任をもって考え行動するかどうかが仕事の成果・結果につながります。

その成果・結果をお客さんや上司が見て、自分の仕事を認めてくれ、それが評価という形で自分にはねかえってきます。

指示待ちタイプの人は、どんなに指示された仕事で結果を出しても、仕事を生み出すことは出来ません。

それまでの人なのです。

また、自由競争社会ですから、保障された仕事なんてありません。

生き抜くためには、自分の仕事で自分の価値を生み出す(仕事を生み出す)力があるかが重要で、このことは仕事が認められる者・認められない者の切り分け要素のひとつではないかと思います。


・・・


これをナンパに置き換えてみると

好みの女の子や、スタイル抜群だけど彼氏がいそうなリスクをともなう女の子が歩いていたとき、下心をもってナンパするかどうかが男と女の出会いになるかならないかがきまります。

そのナンパによって女の子が自分という存在を知ってくれ、トークが認めてくれ、それがアドレス交換という形で自分にはねかえってきます。

自分を好きになってくれる女の子の出現待ちでは、山ピー(NEWS)ぐらいの男前でない限りそんなに多くの成果を出すことはできません。

出会いを生み出すこともできません。

また、自由競争社会ですから、好みの女の子と必ず出会える保障はありません。

出会うためには、ナンパで女の子との出会いを生み出す力があるかないかが重要で、性界における強者・弱者の切り分け要素のひとつではないかと思います。



自分で取りにいくか

与えられるのを待つか




どちらを選択するかということでしょう。

ナンパをする者(仕事で競争する者)としては、与えられるのを待つ人が多いほうがありがたいです。

なぜなら勝手に負けてくれているからです。

こんな偉そうなことを書いている私も、今でこそまるで「挨拶か?」と思えるほどに、気軽にナンパできますが、昔からそうだったわけではありません。

よく友達と、ナンパしようかというノリになっても、いざナンパしようかと思ったら


「誰かにこんなとこ見られたらシャレならんな~」

「ノリ悪そうやし、真面目そうやから声かけても無理そうやな~」

「ていうか、俺そこまで必死ちゃうしな~」



のような思いがかけめぐり、声をかけず断念したことは



おそらく1万回



当時私がナンパをしなかった理由は、そのときは気付きませんでしたが全部人のせいにしてます。

結局当時の私は、自分が失敗するのを恐れ、失敗しそうな理由を誰かのせいにして、声をかけないほうが頭の良い選択だと自分を納得させていたのです。

もったいないです。

ナンパをしなければ、断られて傷つくことも凹むことはありません。

そのかわり、何も起きません。

さて、このブログでは珍しくシリアスモードな内容ですが、僕もそろそろ引退時期を考えなければならないときが迫っています(あと5年が限界だと思います)

引退すれば、もうナンパ市場が盛り上がっても何の害もありません。

その時期を見据え、モテたいサラリーマンたちへナンパの手法、勝ち方等について、このブログで伝えてゆく(言い換えれば社会貢献)所存です。

そのためには、今回のテーマ「ナンパが出来る人」にどうなったらなれるか。

これは、単純且つ最重要テーマです。

ナンパの心構え第1弾ではセコムを取り上げました。

ここで、まず安心・安全なナンパを大前提としました。

ナンパの心構え 第2弾はずばり




ええからやれ




※やれとは、狭義には「声をかけろ」という意味となります。

ナンパを少しでもやりたいと思うなら、ええからやってみてください。

出来ない理由を考えることは何も生み出しません。

出来なくてあたり前、まずやってください。

そして失敗してください。

失敗経験があなたのハードディスクにたまっていき、同じエラーを出さなくなってくると思えば、失敗経験もありがたいことです。


とはいっても、「やらない(俺には無理的発想)」を選択する人が多いです。


次回は、なぜ「やりたい」のに「やらない」を選択するのか、どうすれば「できる」の発想になるのかについてもう少し分析したいと思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

是非ナンパ出きるようになりたいです!